Asepsis – Mac OS X 10.11 El Capitan以降で .DS_Store を非表示にする方法

Macにて不可視ファイルを表示した時にデスクトップなどで何かと目障りな『.DS_Store』というファイルを非表示にする方法です

ここに書くのは Rootless になった El Capitan での方法になります
Sierra に関してはまだ使ったことがない&試してないという理由で保証できません。試してみたい方はどうぞ
Sierraに更新して動作確認しました。初回起動時に警告が表示されますが動作はしているようです。ただ、ちゃんと動いているかはわからないのであくまでも自己責任でご利用ください

Yosemite以前に関しては特に注釈を入れなくとも今回説明するツールをインストールすればいいだけですので手順2までは無視してもらって結構です

さて、今回使うツールはこちら
Asepsis

このツールに関してはこちらの記事を見つけましたので読んでみてください

Macの邪魔なファイル「.DS_Store」と上手につきあう方法 | R WannaBeAdored

Mac の Finder で不可視フォルダ、不可視ファイルを表示していると、「.DS_Store」というファイルが表示されます。.DS_Store はフォルダを開くと自動で作成される[…]

この記事にも書いてあるようにOS X上のすべての.DS_Storeを

/usr/local/.dscage

以下に作成しそこを参照するというものです。ですので非表示というよりはファイルの場所を変更する方法になります
また前提として Xcode もしくは Command Line Tools が必要になります

さて、 Asepsis へのリンクを飛んでもらえれば分かりますが Download の下に赤い背景に!(感嘆符)とともに “Not compatible with OS X 10.11” と書いてあります。「El Capitanには対応してないよ」ってことですね

しかしその部分をクリックするとインストール方法になっています。つまり特別な工程を踏めばちゃんとインストールできるということです
ではインストールする方法を紹介していきます

手順

その1

まずは Recovery OS で起動する必要があります。再起動し、起動中に command ⌘ + R を長押しし続けてください
Recovery OS になったら、上のメニューバーのユーティリティーからターミナルを起動してください
ターミナルが開いたら以下のコマンドを実行してください

csrutil disable

完了したら再起動してください

その2

再起動したらまずはターミナルを起動します
そして以下のコマンドを実行してください

touch ~/.no-asepsis-os-restriction

その後 Asepsis のサイトから最新版をダウンロードして開いてください
中にpkgファイルがありますのでそれを起動してインストールしてください

その3

インストール後再起動してからターミナルで

asepsisctl diagnose

と実行して

Your Asepsis installation seems to be OK

と表示されればインストール完了です。手順・その1でセキュリティの保護を無効にしていますので再度 Recovary OS で起動して同じ手順でターミナルを起動
以下のコマンドを実行してセキュリティの保護を有効に戻してください

csrutil enable

以上でインストール手順は終了になります

使い方

インストールが完了したらターミナルで以下のコマンドを実行してください

asepsisctl migratein

これでホーム(/User/ユーザー名)から下の全ての .DS_Store ファイルが移動されます
元に戻したい時は以下のコマンド

asepsisctl migrateout

特定のディレクトリ以下のみ移動させたい時は

asepsisctl migratein /path/to/フォルダ名

という形で指定してあげてください

すでに無くなったフォルダの .DS_Store を削除したい場合は

asepsisctl prune

とすることで削除できるようです

また全ての .DS_Store をリセットしたい場合は

asepsisctl reset

を実行することで

/usr/local/.dscage

以下を全て削除します

また、 .DS_Store を削除する方法として紹介されている

defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true
killall Finder

ですが、Asepsisのコマンドで

asepsisctl neton

がfalse (デフォルト)

asepsisctl netoff

がtrue (無効化)

の代わりになります

最後に

セキュリティ的な保護を無効にする行為があります。実行の際には全て自己責任で実行していただくようお願いします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *