NowPlayingを自動でツイートするMacアプリの開発

前回の記事から続いて……と言いたいところなのですが、前回から変わったこともあるので1から書いていこうと思います
今回の記事は制作物紹介です。次回以降にソースの方について触れると思います

インストール

kPherox/NowPlayingTweet Release Page | GitHub
GitHubから NowPlaying_<version>.zip をダウンロードします。執筆時点のバージョンは0.2.1です。正式版は1.0以降になる予定
ダウンロードできたら展開して、 /Applications へ D&D してください

使い方

起動したらステータスバーに♫(音符)のアイコンが出ます。それをクリックしてPreferences…(設定)を開いてください。Accountsのタブを開いてAdd AccountをクリックするとTwitterにログインできます
あとはもう一度ステータスバーのアイコンをクリックしてTweet NowPlayingをクリックするとツイートできます
設定のGeneral(一般)からツイートする時のフォーマットを変更することができます
Advancedからは現バージョンでは曲が変わるたびに自動でツイートするか、ツイートにアートワーク(カバー画像)をつけるかという設定をすることができます。デフォルトでは自動ツイートは無効、アートワークは有効になっています

特徴

現在のアプリの特徴としては

  • ステータスバーにアイコンが出て常駐しているアプリ
  • iTunesで曲を再生したり曲が変わったりするたびにツイートできる
  • 手動でもツイートできる

です
iTunesのApple ScriptをScripting Bridgeで利用して曲情報取得してるのでこのアプリを起動するときにiTunesが起動してないと強制的に起動します。そこは設計まずったかなぁといったところなので1.0になるときには起動時に依存させないようにしておきたい。起動してるかどうかの判定の仕方はわからないけれど……

正式版リリースを目指してしばらく開発を続けようかなと思います。アプリのアイコンどうしようかなぁ……
前書きに書いた通り、技術的な内容は次回以降。
それと、テストの書き方がわからない…(´・ω・`)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *